アニメ 小説

【狼と香辛料】シリーズ累計発行部数は435万部を突破した経済活動に争いの舞台を置く異色作

投稿日:2019年6月16日 更新日:

放送期間/話数

2008年/全13話 1期

2009年/全13話 2期

ジャンル

SF/ファンタジー


(C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会
出典:dアニメストア



[キャスト]
ホロ:小清水亜美/ロレンス:福山 潤/クロエ:名塚佳織/ノーラ:中原麻衣

[スタッフ]
原作:支倉凍砂(「狼と香辛料」電撃文庫刊)/キャラクター原案:文倉 十/監督:高橋丈夫/脚本:荒川稔久/キャラクターデザイン・総作画監督:黒田和也/色彩設計:佐野ひとみ/美術監督:小濱俊裕(スタジオ美峰)/美術設定:塩澤良憲(スタジオ美峰)/撮影監督:松井伸哉/音楽:吉野裕司/音楽制作:JVCエンタテインメント/音響監督:高桑 一/音響制作:神南スタジオ/アニメーション制作:IMAGIN/オープニングテーマ:「旅の途中」(歌・清浦夏実 )/エンディングテーマ:「リンゴ日和」(歌・ROCKY CHACK)

あらすじ

1期

馬車で各地を巡り、数々の物品を取り引きする行商人クラフト・ロレンスは、収穫祭に沸くパスロエの村を発つ道すがら、荷台に積んだ麦束に埋もれて眠る少女を見つける。

少女は狼の耳と尻尾を有した美しい顔立ちで、自らを豊作を司る神“ホロ”だと名乗った。

「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪ともとれる話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。

ホロが本当に豊穣の狼神なのか疑いつつも、北の故郷へ帰りたいという彼女の言葉に絆され、ロレンスは共に旅することを了承する。

そんな二人旅に思いがけない儲け話が持ち掛けられる。近い将来、ある国の銀貨が値上がりするというのだ。その儲け話のカラクリを探るべく、ロレンスは話に乗って事件へと巻き込まれていく。

 

2期

教会都市リュビンハイゲンを出立した行商人ロレンスと狼神ホロ。行商がてらホロの故郷ヨイツの情報を集めるため、冬の大市と祭りで賑わう町クメルスンにやってきた。

そこで二人は、若い魚商人アマーティと出会う。どうやらアマーティはホロに一目惚れをしてしまったらしく、急速に彼女に近づき始めた。

一方ロレンスとホロの間には微妙な気持ちのすれ違いが生じ、誤解が誤解を呼んでしまう。そしてそれがロレンスとアマーティそれぞれの商売をも巻き込んだ大騒動へと発展していく―。

 

引用元:dアニメストア

まとめ

電撃文庫にて刊行されているライトノベルで既刊21巻。

漫画版は、全16巻となっています。


(C)支倉凍砂/アスキー・メディアワークス/「狼と香辛料II」製作委員会
出典:dアニメストア

-アニメ, 小説

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.