アニメ 小説

【終わりのセラフ】累計発行部数は900万部を突破!講談社ラノベ文庫より刊行されたライトノベル!

投稿日:2019年5月5日 更新日:

「終わりのセラフ」

 

放送期間

2015年 全24話

【ジャンル】

SFファンタジー・アクション・バトル



(C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社・終わりのセラフ製作委員会
出典:dアニメストア



[キャスト]
百夜優一郎:入野自由/百夜ミカエラ:小野賢章/一瀬グレン:中村悠一/フェリド・バートリー:櫻井孝宏/柊 シノア:早見沙織/早乙女与一:岡本信彦/君月士方:石川界人/三宮三葉:井口裕香/クルル・ツェペシ:悠木 碧/柊 暮人:前野智昭/柊 深夜:鈴木達央/クローリー・ユースフォード:鈴村健一/柊 真昼:遠藤 綾(第13話~第24話)/鳴海真琴:細谷佳正(第13話~第24話)

[スタッフ]
原作:鏡 貴也/漫画:山本ヤマト/コンテ構成:降矢大輔(集英社「ジャンプスクエア」連載)/監督:徳土大介/副監督:肥塚正史/シリーズ構成・脚本:瀬古浩司/キャラクターデザイン:門脇 聡/イメージボード:品川宏樹/音楽プロデュース:澤野弘之

あらすじ

【第1話~第12話】

ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残ったのは子供だけ。そして、その子供たちは地の底より現れた、吸血鬼たちに支配された。

百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。家畜同然の扱いに耐えかねた優一郎は、ミカエラや幼い孤児たちと共に、外の世界へと脱出を図るが……。

時は4年後。百夜優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

 

【第13話~第24話】

新宿攻防戦にて、優一郎はミカエラと再会を果たした。しかし、ミカエラはその身を吸血鬼へと変貌させていた…。

「家族」を救うため、仲間を守るため、知識と力を求める優一郎は、吸血鬼を人間に戻す方法を模索すると同時に、鬼呪装備の訓練に邁進する。

一方、グレンは暮人に呼び出しを受け、衝撃の事実を告げられる。「1か月後、吸血鬼の本隊が東京に攻めてくる」。暮人は吸血鬼に対し先手を打つため、グレンに名古屋へ赴くことを命令。貴族殲滅作戦の火蓋が切って落とされる!!

 

引用元:dアニメストア

まとめ

単行本はジャンプコミックスから刊行され既刊18巻。「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」が既刊4巻。

小説は、講談社ラノベ文庫より「終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅」全7巻と「終わりのセラフ 一瀬グレン、19歳の世界再誕」が既刊2巻となっています。

NBCUniversal Anime/Music 終わりのセラフPV

-アニメ, 小説

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.