アニメ 小説

TVアニメ4期の放送は?小説家になろう発【OVER LORD】【オーバーロード】

投稿日:2019年1月22日 更新日:

放送期間/話数

2015年/13話(1期)

2018年/13話(2期)

2018年/13話(3期)

ジャンル

SF/ファンタジー・アクション/バトル

© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

出典:dアニメストア


©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

出典:dアニメストア


©丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

出典:dアニメストア


[キャスト]

アインズ:日野聡/アルベド:原由実/シャルティア:上坂すみれ/アウラ:加藤英美里/マーレ:内山夕実/デミウルゴス:加藤将之/コキュートス:三宅健太/ヴィクティム:東山奈央/セバス:千葉繁/ユリ:五十嵐裕美/ルプスレギナ:小松未可子/ナーベラル:沼倉愛美/シズ:瀬戸麻沙美/ソリュシャン:佐倉綾音/エントマ:真堂圭

[スタッフ]

原作:丸山くがね(「オーバーロード」/KADOKAWA刊)/キャラクター原案:so-bin/監督:伊藤尚往/シリーズ構成・脚本:菅原雪絵/キャラクターデザイン:田﨑聡、吉松孝博/サブキャラクターデザイン・モンスターデザイン・プロップデザイン:今村大樹、杉浦幸次、出雲重機、鈴木政彦、高橋瑞香、前原桃子、長澤礼子/美術監督:池田繁美、丸山由紀子(アトリエ・ムサ)/美術設定:友野加世子、大久保修一(アトリエ・ムサ)/色彩設計:堀川佳典/3D監督:田中康隆/撮影監督:継岡夢月/編集:塚常真理子/音響監督:郷文裕貴/音響制作:groove/音楽:片山修志(Team-MAX)/音楽制作:KADOKAWA/アニメーション制作:マッドハウス/製作:オーバーロード3製作委員会

あらすじ

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム「ユグドラシル」はサービス終了を迎えようとしていた。プレイヤーであるモモンガも仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かにその時を待っていた。

しかし、終了時間を過ぎてもログアウトされない異常事態が発生。突如として意思を持ち始めたNPCたち。そして自分自身もゲーム内で自分が作ったキャラクター(アンデッド種族の最高峰オーバーロード)となってしまっていることに気付く。ギルドの外には「ユグドラシル」とは似通っているが異なる世界が広がっていた。

現実世界では家族・友人・恋人もいなく天涯孤独でゲーム好きの青年が骸骨の姿をした最強の大魔法使いとなって、かつての仲間を探すためギルドネームであったアインズ・ウール・ゴウンを名乗り異世界にその名を轟かすことを決意。

絶対の忠誠を誓う配下と共に新たな地で余計な争いを避けるため目立たぬよう行動するが、表舞台に姿を現し世界を掌中におさめるべく行動する事となる。

mediafactoryより「オーバーロード」プロモーションビデオ第2弾

一見悪役とも思える骸骨の魔法使い。これがまさかの主人公という罠。ソードアートオンラインよろしくゲーム世界に取り残されるという自体に陥る所から話が始まります。

Over Lordとは大君主、過負荷という意味らしく大君主というのはナザリック地下大墳墓を治めている主人公モモンガ(後のアインズ)の事を指していると見ていいですし、過負荷というのは話の始まりとなるサービス終了となるはずだったオンラインゲーム『ユグドラシル』が時間を過ぎても続いているという事も指しているのでしょうかね。

小説家になろう・書籍

書籍版を元にアニメ化されていますが「小説家になろう」でも読むことが可能です。しかし、共通点はあるもののほぼ別物と言っていいでしょう。「OVER LORD」好きは是非読んで欲しいです。

オーバーロード:前編

オーバーロード:後編

残念な事に未完結のまま4年以上更新がありません。

『「小説家になろう」は

株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です』

出典:小説家になろう


書籍は2012年7月30日に1巻が発売され2018年4月27日には最新刊の13巻が発売されています。

まとめ

気になる4期は?

3期も当初は、『ナイナイ』といわれていた様ですが実は小説を見てみると3期後の話には盛り上がりが欠けていたり、グロシーンが多かったりとアニメ化して盛り上がるには今ひとつな様です。しかし、ここまで続いたからには是非とも4期は製作して頂きたいです。

1期では書籍の1~3巻、2期は4~6巻、3期は7~9巻とほぼ3巻ごとに纏めてアニメ化していた様で現在発売されているのは13巻まで。(※記事投稿時)とすると、アニメ化するには話のストックとしては十分に可能な範囲なはず。

また、DVD・BDの売り上げも1期・2期あわせても1万5千枚以上の売れ行きを叩き出しています。業界では売り上げが5000枚を超えていれば続編が製作できるレベルと言われており、人気もさることながら話のストック・円盤売り上げも確実となれば続編決定となるも時間の問題でしょう。

OVER LORD4期は、3期放送が終わってからそれほど時間が経っていない為、放映時期は未定ですが可能性としては十二分にあり得る事。個人的にも、物語の設定が面白い作品なのでより多くの人に見てもらいたいです。

-アニメ, 小説

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.